読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おくりびやまから悪意を込めて

主にポケモンの記事を書く予定だったんですけど幻想人形演舞にハマりました

【ローテ】爆弾とメンヘラと抜け殻【逆1位ローテ使用構築】

夜鋼さん主催の逆1位ローテに参加しました。
ルールは簡単で、ゲーム内表記で"LOSE"を取れば勝ち。つまり先に自分のポケモンを全滅させるローテバトルです。ただし、自分で左回転をすることは禁止(ゲーム内処理で自動に左回転する分にはOK)なのでただの択ゲーから戦略を考えつつ択を含む非常に面白いゲームに昇華しています、たぶん。

ちょっと見た時はただのクソルールだと思ったのですが(ものすごく失礼)、真面目に考えると意外と面白そうだったので参加しました。

【パーティ】
f:id:chimecho358101:20160314024405p:image
ポケモン達を自殺させるなんてやめたげてよお!

【個別】
モンメンLv.1@黒いヘドロ HP12 いたずら心
置き土産/身代わり/守る/アンコール
ムンナのトリルから展開したかった子。守るより横取り、黒いヘドロより毒毒玉の方が良かったシーンが多かった。考察不足。がむしゃらで身代わりを割れるようにすべきだったかもしれないし技を間違えすぎ。

エルフーン@こだわりスカーフ いたずら心 臆病最速
置き土産/すりかえ/身代わり/アンコール
最速スカーフ置き土産をラス1で決めたかった子。何も言うことは無いけどコレジャナイ感が強い。同速負けるな。

ムンナ@メンタルハーブ よちむ 流用個体
癒しの願い/封印/トリックルーム/守る
技と特性が強そうだったから採用した。トリル癒しの願い封印で最も遅い(はず)。個体用意を頑張ればLv1に出来るがこのポケモンを思いついたのが大会30分前で用意が終わってなかったので50の個体。癒しの願いは横取りされるので横取り要因が見えると出しにくいし、癒しの願いは1匹目に死なないといけない仕様なので難しかった。KPも当然1。

フワライド@先制の爪 軽業 最速
大爆発/置き土産/守る/マジックコート
爆発置き土産を両立出来るのはドーブルフワンテ系統だけで、その中で最も速いフワライドを採用。マジックコートは挑発返せたらいいなとか思ったけどそんなことをする余裕は無い。爪よりのんきのお香の方が強いと思う(理由後述)。

マルマイン@光の粉 防音 最速
大爆発/自爆/身代わり/挑発
大爆発使い最速かつ自爆と両立出来るので採用。エルフーン系の草笛対策で防音。光の粉の採用理由は置き土産を避けることが出来れば1:0交換が出来るのでワンチャンを掴める可能性があるから。でも避けなかった。残念。

ヌケニン@くっつきバリ 不思議な守り 最速
守る/命がけ/砂嵐/穴を掘る
HP1なのでほぼ確実に1ターンで死ぬポケモン。環境トップ。くっつきバリを持って守れば置き土産を無効にしつつ確実に死ねる。ただしくっつきバリより黒いヘドロの方が先に発動するらしいのでこの型は黒いヘドロヌケニンの劣化。そんなこと知らん。

【対戦ログ】
6人総当たり。
1回戦 夜綱さん(主催) 負け
猫の手爆発or命がけ。考えたけど弱いと思ったから諦めた奴。相手レパルダスニャオニクスが残って、こちらにはスカーフエルフーンとなんかが残ってたので勝ちだと思ったら左回転禁止のルールにより強制的に3体目にエルフーンを捨てざるを得なくなり負け。普段からローテをやってないからこうなる。圧倒的準備不足。猛省。

2回戦 ランサさん 勝ち
テッカニンが身代わり加速バトンから湿り気毒毒玉パラセクトを展開してくる。このルールを考察した人じゃない限りパラセクトの湿り気なんて知らないだろう。ヘドロモンメンパラセクトの死に待ち粘り合いになるも同時に落ち、エルフーンの置き土産をヌケニンで守って勝ち。

3回戦 クライシスDさん 勝ち
お互いに順調に捨て合い、ラス1自分エルフーン相手モンメン対面になったので勝ち。モンメンがスカーフだったらしい。

4回戦 まめたさん 負け
フワンテ/フワライド/ヌケニン(Lv21)/エルフーン/ドーブル/ゲンガー
お互い最速で捨て合い、ラス1スカーフエルフーンの同速に勝てず負け。悔しい。

5回戦 にるひもさん 負け
初手でサーナイトモンメンを捨て合い、相手の残りがドーブルマルマインヌケニンだったのでマルマインを残せば勝ちだと読みラス1自分マルマインvs相手ヌケニン対面に持ち込むもヌケニンが命の珠影打ちを決めてきて負け。一応粉ワンチャンはあったがこれは勝った気でいたので完敗。にるひもさんの詳しい構築考察記事は私のTwitterにリツイートしてあるので読んでみてください。考察力の深さと構築にきっと感動します。結局にるひもさんが優勝されました。

ということで2勝3敗の4位で終了。

【感想】
ローテの仕様を知っていれば勝てた試合が1つ、同速に勝てば勝てた試合が1つあったので準備不足感はあったがあまり悪結果ではなかったのかもしれない。しかし、猫の手構築や深い考察のもと組まれた構築を見てしまうと己の発想力の無さと考察の浅さに落胆するのみである。特殊ルールに限らずこういった大会はやはり事前の準備が最も重要であるという基本に立ち返ることが出来たので参加して良かったと思う。
 最後に、対戦してくださった皆さん、ありがとうございました!とても楽しかったです!

PS ムンナは可愛い。